お知らせ

2019-07-20

[日日]にちかハジマリマス。

テーブルギャラリーは「日日」へ。
35年目の決断と変身。

今日までの感謝とごあいさつ

テーブルギャラリーとして1985年5月1日、高知城のもとで不安いっぱいのなかOPEN致しました。よちよち歩きで、あっちこっちとぶつかるたびにあわてながら、お客様と共にモノやコトに共感し、喜びを享受し、それを励みに歩んでまいりました。
その道のりの途中、「くらしのかたちテーブルギャラリー」として、庭の見える葛島へ移転。そして34周年を迎えることができましたことは、皆様方より永きにわたり、ご支援いただきましたお陰と心より深く感謝申し上げます。

35年目となる2019年5月「日日」始まります

新しい「日日」のベーシックワークは3つ。

●住まいのワークスペースとしての「日日」。

暮らしの器とも言える建物についてのご相談をしていただけるスペースを設けます。新築はもちろん、家族構成の変化に伴うリフォームや、古い物を活かしながらのリノベーションなどいろいろな取り組みへの道筋を組み立てる場として活用していただければと考えております。

●ギャラリースペースとしての「日日」。

ジャンルにとらわれず、作家さんやブランド、素敵な作品や手仕事を展示販売・プロデュースしていきます。

●暮らしのワークスペースとしての「日日」。

お料理好きのクッキングスペースとして「おうちごはん」や「おもてなし料理」、パン・ケーキ作りなどのお料理教室や、思い出深い布やセーターを鍋敷やクッション、刺繍入りランチョンマットなど、アイデアと自分スタイルをチクチク縫い縫いして楽しむツーイングクラブ。また割れたり欠けたりした大切な道具を金継ぎ、銀継ぎでよみがえらせる金継ぎ教室など、「日日」のワークスペースで暮らしの記憶を繋ぎ、繋げていきたいと思います。

かけ足で過ごして来た34年間の日々の中から、出会いつながって来た、いとおしいヒト・モノ・コトとの関係を見過ごさない様に見つめ直してみようとしています。過不足のない自分らしい暮らし、とっても風通しが良くなり、落ち着いて暮らしていけるのではと思い、新しいスタイルに変身することとなりました。

令和元年5月新しい時代と共に「日日(にちか)」始まります。